カウリスマキ節健在!「Le Havre」

 

 


また新たにコレクションが増えました(実は映画半券コレクター)!
先日、前回のブログでとりあげましたカウリスマキ監督の「Le Havre」を
渋谷のユーロスペースで観てきました!
こちらでカウリスマキ作品を何作か見ておりますが、若い人から年配の方まで観客層が広いっ!どちらかというと年配層が厚い!
「カウリスマキ世代」というのでしょうか、過去に大ヒットしたのでしょうか。
映画の前にかかっている音楽 はカウリスマキ節のレトロロック。
徐々にカウリスマキ・ワールドに導く作戦がニクイ(?!)
舞台はフランス。でもどこかフランスっぽくない感じも・・・・
(典型的な景色を出さないところもこの監督の魅力の一つ)。
ストーリーはオフィシャルサイトをご覧いただくとして、
全体的に今までより色調が明るく、ハッピーなのがよかった。
オープニング・クレジットには犬のライカの名前も登場。
そこもまた好きなところです。
何もしてないようで、重要な役柄。さりげない演技が見事でした
その後公式フェイスブックからカウリスマキ映画の関連記事を見つけました。
こちらの解説でさらに映画の理解が増します。
ちなみにユーロスペースのシートは背もたれが高く、とても心地よく映画が見れます

 

また新たにコレクションが増えました(実は映画半券コレクター)!
先日、前回のブログでとりあげましたカウリスマキ監督の「Le Havre」を
渋谷のユーロスペースで観てきました!
こちらでカウリスマキ作品を何作か見ておりますが、若い人から年配の方まで観客層が広いっ!どちらかというと年配層が厚い!
「カウリスマキ世代」というのでしょうか、過去に大ヒットしたのでしょうか。
映画の前にかかっている音楽 はカウリスマキ節のレトロロック。
徐々にカウリスマキ・ワールドに導く作戦がニクイ(?!)
舞台はフランス。でもどこかフランスっぽくない感じも・・・・
(典型的な景色を出さないところもこの監督の魅力の一つ)。
ストーリーはオフィシャルサイトをご覧いただくとして、
全体的に今までより色調が明るく、ハッピーなのがよかった。
オープニング・クレジットには犬のライカの名前も登場。
そこもまた好きなところです。
何もしてないようで、重要な役柄。さりげない演技が見事でした
その後公式フェイスブックからカウリスマキ映画の関連記事を見つけました。
こちらの解説でさらに映画の理解が増します。
ちなみにユーロスペースのシートは背もたれが高く、とても心地よく映画が見れます